主な事業・活動

少年少女キャンプ村

 長野県の戸狩とんだいら高原で行なわれる、小中学生の子どもたちによる手作りのキャンプです。
 地域ごとに数十人単位の「村」を作り、当日の数ヶ月前から準備の会合を重ね、自分たちの力で内容作りと仲間作りを進めていきます。歌やゲームのレクリエーションや数人単位での話し合いを通して、かけがえのない友だち集団となります。


少年少女雪まつり

 長野県のスキー場で行なわれる、小中学生対象のスキーと雪あそびの祭典です。子どもたちは親元を離れ、スキーも生活も学年の違う友だちと高校生・青年のお兄さんのお姉さん「指導員」たちといっしょに作っていきます。


TOKYOファミリー体験広場への参加

 東京都が呼びかけて、東京の青少年育成団体が共同で開催している子どもたちのためのお祭り「TOKYOファミリー体験広場」に、各地の子ども会・少年団がお店を出したり遊びにきたりします。東京少年少女センターからも実行委員が参加し、内容作りに携わったり、子ども会・少年団の取り組みを援助したりしています。


子ども会少年団のための学校

 年に1回開かれる、子ども会・少年団に携わるすべての人のための学校です。専門家の方を招いて講演会を開いたり、テーマを決めて分科会を開いて交流・意見交換したりしています。


子どもの組織研究会 (不定期)

 私たちの活動のテーマである「異年齢の子ども集団による育ち」について、様々な角度から考察し、その意義を明らかにする研究会です。地域の活動やセンターの行事で長年活動している大人や専門家が集まり、何度か開催されています。その成果の一部は「別冊 東京の子ども会少年団」誌などで発表しています。

地域の子どもたちの異年齢集団

 センターが直接主催しているわけではなく、各地域の子どもたち・父母・青年が独立に自主的に運営しているものですが、こうした地域の活動で活躍している人たちがセンターを構成しているので、ここで紹介します。

子ども会・少年団・あそびの会

 東京都内にはセンターと関わりのある子ども会・少年団・遊びの会などが約40ほどあります。活動内容や運営方法は様々ですが、本当の意味で子どもたちを主役とした、自主的・民主的な活動である点はどこも変わりません。

青空学校

 地域の青年や子どもたちの父母が中心になって、教師や専門家の協力を得て、毎年夏を中心に開く手作りの学校です。毎回ひとつの「テーマ」を決めて学習に取り組むことも多く、その内容は学校教育ではなかなか触れることのできないような興味深い、それでいて子供の目線に近い内容にできるようにと、各地域で個性的な取り組みがなされています。


「東京の子ども会・少年団」紙の発行

 会員のみなさんに定期的に発行しているニュースです。その名のとおり、東京都内の各子ども会・少年団の活動の様子や、青空学校など地域のイベント情報、キャンプ村などの東京全体で取り組む行事の情報などを中心に掲載しています。