新型コロナウィルス対策について【声明】

2020-03-09 NPO東京少年少女センターおよび少年少女センター全国ネットワークの声明を公開しました。下記リンクをご覧ください。

一人ぼっちをなくそう~外に出よう~

新型コロナウィルスの感染拡大防止と、子どもの遊ぶ権利を守るために

 

NPO法人東京少年少女センターは、内閣府平成27年度「子供と家族・若者応援団表彰」受賞団体です。

◆遊びは冒険クラブ はじまるよ◆


~少年少女雪まつり参加者募集中~

「遊びは冒険クラブ」はNPO東京少年少女センターが運営・サポートする子どもクラブです。

子どもたちの異年齢活動、子ども主体の野外活動、楽しい外遊び・仲間遊び、学ぶ喜びを感じる青空学校など、年間を通してさまざまな活動を都内各地で行います。

春休みの3月27日~29日には、長野県戸狩温泉スキー場で「少年少女雪まつり」を開催、参加者募集中です。

遊びは冒険クラブ入会申込はこちら(リンクから「クラブの入会」→「少年少女雪まつり申込」と進むことができます。)

★少年少女雪まつり要綱はこちら


■遊びは冒険クラブの主な活動■

 2月から3月にかけて、長野県のスキー場で行なわれる、小中学生対象のスキーと雪あそびの祭典です。子どもたちは親元を離れ、スキーも生活も学年の違う友だちと高校生・青年のお兄さんのお姉さん「指導員」たちといっしょに作っていきます。

 少年少女雪まつり募集要項はこちら


夏休み・8月上旬に開かれる、小学生と中学生の子どもたちの「手作り」による3泊4日のキャンプです。 

 参加する子どもたちが事前に集まって話し合い、当日の内容を自分たちの手で作り上げていくのが大きな特徴です。高校生以上の「指導員」や大人のスタッフが、子どもたちがプログラムを進めるのをサポートします。

 


毎年11月3日(文化の日)に代々木公園で、「あそび万博 in TOKYO」を開催しています。

地域の子ども会・少年団をはじめ、大学のゼミ、児童館の指導員、スポーツ鬼ごっこのサークルなど、多くの若者たちが広場いっぱいに外遊び、仲間遊び、伝承あそび、創作あそびのブースを展開します。

参加は無料。誰でも参加できます。

 


「遊びは子どもの主食」

公園や公民館での「遊び会」や「青空学校」という行事を都内各地で行っています。

詳細はお問い合わせください。



■遊びは冒険クラブに入ると…■

  • 遊びは冒険クラブが主催する「少年少女キャンプ村」や「少年少女雪まつり」に参加できます。
  • 遊びは冒険クラブがかかわる「あそび万博」や各地の遊び会、青空学校に参加できます。
  • スポーツ安全保険に加入するので、活動中や行き帰りの事故が保障されます。
  • 保護者の方には、子育てに役立つ雑誌「ちいきとこども」が年2回届きます。

■遊びは冒険クラブに入るには■

  • こちらのページに移動し、必要な項目を記入してください。
  • お子さん1人につき年会費2000円を郵便振替00140-1-44067にお振込みください。

■みなさんの温かい支援をお願いします■

遊びは冒険クラブの活動の中心を支えているのは、18歳以上の青年・学生たちです。

厳しい社会情勢の中で、彼らが安心して子どもたちのための活動を続けるためには、多くの資金が必要です。事業に参加される子どもの保護者の方々からも賛助金などの支援をいただいていますが、より多くの方に支援をしていただけたら励みになります。


また、NPO東京少年少女センターでは、子育て中のママと子どものための居場所「よよぎゆうゆう」を運営しています。信頼しあえある仲間や気軽に相談できる人がいて、ほっとできる場所。そんな場所づくりへの支援をお願いします。


amazonで支援を

消耗品や備品の購入にご協力ください。

アマゾンほしいものリスト

楽天のお買い物で支援を

こちらのページにアクセスし、「楽天の買い物で応援する」をクリックすると購入金額の0.5%~が支援されます。



SNSで東京少年少女センターをフォローしよう。

友だち追加